古いパソコン再生 celeron MのPCをlinuxにする

古いパソコン再生 celeron MのPCをlinuxにする

はじめに

これは、古いPC再生を試みた内容の備忘録を少しまとめたものです。
結論から言うと、動作はしていたのですが、しばらくぶりに電源をONにするとOSが起動しないことがあります。
ハードウェアの問題と思うのですが。。。
ということを踏まえて読んでください。

パソコンスペック

使用するPCは、東芝 TX/550LS です。
CPU:Intel(R) Celeron(R) Mプロセッサ 360 1.4GHz
メモリ:512MB
HDD:100GB(IDE接続)

ハードウェア変更点

メモリ:512MB → 2GB(1×2枚)ヤフオクで中古を購入、約2000円
HDD:100GB(IDE接続)
→mSATA 256GB + mSATAからIDEに変換するコネクタ でSSD
OS windows xp →ubuntu Mate (32 bit)

ハードウェアーは接続できるように挿す。

OSインストール

OSはubuntu Mateにして見ました。
ubuntu Mateのホームページからisoをダウンロードしてdvdに書き込む。
F2でbootの順番CD/DVD ドライブを優先に変更する。
再起動。DVDブート。インストールする。結構時間はかかる。

ソフトのインストール

python をインストール

anaconda ✗ pyenvも✗でできなかったので、apt-getで入れる。
デフォルトにpipがない。
$ sudo apt-get install python-pip
3系も入れる。
$ sudo apt-get install python3
$ sudo apt-get install python3-pip

jupyterの使用環境をつくる

$ sudo apt-get install python3-matplotlib

$ sudo apt-get install python-pip python-pandas python-sklearn
$ sudo apt-get install python3-pip python3-pandas python3-sklearn

jupyter notebook

$ sudo apt-get install jupyter-notebook

jupyter lab

$ sudo pip install jupyterlab widgetsnbextension

これでjupyter labも使用できると思う。

chromium-browserのインストール

$ sudo apt-get install chromium-browser

フォントを追加

matplotlibでnoto sans cjk jp使うため、ダウンロードします。
元から入っているのは、認識しないので、otfをダウンロードします。
/usr/share/matplotlib/mpl-data/fonts/ttfにフォントをいれます。
$sudo cp -i フォントのpath/*.otf /usr/share/matplotlib/mpl-data/fonts/ttf
$sudo chmod +r /usr/share/matplotlib/mpl-data/fonts/ttf/*.otf

~/.cache/matplotlib/
のファイルフォルダーを削除

times new romanがない場合は、
$sudo apt-get install msttcorefonts -qq
でインストール。実行するための承諾はカーソルキーを横を押すと選択できた。

~/.cache/matplotlib/
のファイルフォルダーを削除

参考 http://kenbo.hatenablog.com/entry/2018/11/28/111639

プリンターの設定

使用するプリンター Canon MG6330
Os:Linux Ubuntu Mate
cupsのエラが発生したので、ドライバーを公式サイトからダウンロードした。
これは必要かはわからないが念のため行う。
*システム設定→プリンター
追加→ 
ネットワークプリンター 
ipp のアドレスを コピーする。(これから設定するとエラーになったため)
インターネット印刷プロトコル(ipp)
アドレスを入力。
ドライバーを設定 canon →MG6300
各種設定。
プリンター名は変更できないので間違わないようにする。やり直せばいいけどね。

テスト印刷。

PCアレコレカテゴリの最新記事